近畿大学理工学部機械工学科ロゴ
学科の紹介


学科について


研究室の紹介


教育目的・目標・ポリシー


卒業後の進路
学科の行事


各種行事の案内と報告
JABEEについて


JABEE認定

本学科のJABEEプログラム


概要と沿革


技術者像と教育目標


カリキュラム


教育改善とPDCAサイクル


学生による授業評価と外部評価
学生へ


学生支援


中央図書館


物理学習支援室


英語村E3


進学・就職


キャリアセンター


メカニックス系工学専攻


東大阪モノづくり専攻


近畿大学
HOME


Homeに戻る

このサイトに関するお問い合わせ

近畿大学理工学部機械工学科
ホームページ担当
webmaster(at)mech.kindai.ac.jp

学科の紹介
機械工学科の教育目的・目標

機械工学を取り巻く状況

 科学技術の大半を占める機械工学の技術は、広い分野で活用されています。ロボット・工作機械・建設機械などの産業機械、自動車・鉄道・船舶・航空機・ロケットなどの輸送機械はもちろんのこと,IT機器・福祉機器などの分野、食品・薬品製造分野にまでおよんでいます。この幅広い分野において機械工学は基盤技術と位置付けられており、機械工学への期待や要求はますます高まっています。このため,近畿大学理工学部機械工学科では「ものづくりの中核を担う機械技術者の育成」が急務であると考えています。一方で、社会へ目を向けると機械のない生活など想像できないほど、機械技術は隅々にまで浸透しています。機械工学では機械を作るだけでなく、誰がどのように利用するのかを綿密に調査・想定し、人・社会への影響も考えた幅広い配慮が必要となります。このような様々な配慮はチームや組織で対応すべき重要課題でもあります。さらに、最も難しい点は、背反要求(自動車の軽量化と衝突安全性=安全、エンジンの高出力と低燃費=環境、など)を満足する解決策を提案し実現することにあります。

教育目標・育成する技術者像

 近畿大学理工学部機械工学科では、機械工学への社会的要求から、
 (1) 機械と社会との『共生』『適合』『調和』を常に考え、
 (2) 社会的ニーズに応えて問題発見・解決能力を発揮でき、
 (3) 問題解決のためのコミュニケーション能力を有する
社会貢献できる機械技術者の育成を目標としています。本学科は学生の皆さんに『ものづくりの中核をなす機械技術者』になってほしいと大きく期待しています。

カリキュラム編成: 機械工学

 本学科は、『ものづくり』の中核をなす機械技術者になるために、『設計能力』『問題発見・解決能力』『生産技術・管理能力』の3つが大切な基本と考えています。そのため、設計製図の基礎、3次元デジタル設計技法を含むCAD(設計)/CAE(評価)/CAM(生産)技術、設計・生産に関する知識を幅広く教育し、実践的な設計(=設計能力)を学ぶカリキュラムを編成しています。また、「材料力学」「機械力学」「熱力学」「流体力学」といういわゆる機械工学の根幹をなす4力学に「材料工学」「制御工学」を加えた基幹6分野を機械工学の基礎としています。基幹6分野では、演習・実験・実習を通じて学生自ら体験して学習するカリキュラムです。具体的な問題を通じて機械工学における問題への対処方法(=問題発見・解決能力)を体験し学ぶことができます。基幹6分野に加えて応用実学(例えば「品質管理」「システム工学」「計測工学」など)を通じて、ものづくりを効率よく円滑にすすめるための能力(=生産技術・管理能力)を高めます。

カリキュラム編成: 倫理・コミュニケーション

 さらに、社会への幅広い配慮ができる機械技術者育成のため倫理に関わる教育を行っています。また、どの分野でも要求されるコミュニケーション能力を習得するため、演習・実験・実習におけるレポート(リトゥン・コミュニケーション)そしてプレゼンテーション技術やTOEICの高得点を目指す英語教育(オーラル・コミュニケーション)にも力を入れています。

 以下に機械工学科の3つのポリシーを示します。なお、大学の3つのポリシーはこちらから、また学部の3つのポリシーはこちらからアクセスしてください。
アドミッションポリシー(入学者受入れの方針)
 機械工学科は、上記の教育目的・目標に共感し、自ら学ぼうとする皆さんを、積極的に受け入れたいと考えています。機械工学科が求めているのは、ものづくりに夢を抱き、機械技術者になるという明確な意思を持つ学生です。機械工学は、ロボット・工作機械・建設機械などの産業機械、自動車・鉄道・船舶・航空機・ロケットなどの輸送機械、さらにはIT機器・福祉機器などの分野や食品・薬品製造分野にわたり『ものづくり』の原点として広く活用されています。機械工学科へ志望する皆さんが、高等学校までの授業の内容を理解していることを期待しています。具体的には、物理および数学の理解は必要と考えています。

カリキュラムポリシー(教育課程の編成方針)
 機械工学科は、『ものづくり』の最も基本となる『設計能力』『問題発見・解決能力』『生産技術・管理能力』を養うことを重視したカリキュラムの編成を行っています。そのため、機械工学科の学生は、設計製図の基礎から3次元デジタル設計技法を含むCAD(設計)/CAE(評価)/CAM(生産)技術を習得します。また、「材料力学」「機械力学」「熱力学」「流体力学」「材料工学」「制御工学」を基幹6分野と定め機械工学の基礎と位置づけています。この基幹6分野では、演習・実験・実習を組み合わせ、具体的な問題を通じて機械工学における問題への対処方法を体験し学ぶことができます。基幹6分野に加えて応用実学を通じて、ものづくりを効率よく円滑にすめるための能力を向上させるカリキュラムを編成しています。社会へ幅広いく配慮する感性を涵養するため倫理に関わる教育を行っています。また、どの分野でも要求されるコミュニケーション能力を習得するため、演習・実験・実習におけるレポートそしてプレゼンテーション技術や英語教育(TOEICの高得点を目指す)にも力を入れています。
  • 「基礎ゼミ」「卒業研究ゼミナール」では、学生一人ひとりが自ら学ぶ意欲と習慣を身につけ、創造性を養います。
  • 「工業材料」「メカトロニクス」「機械工作法」「機械加工実習」では、ものづくりの重要性を学びます。
  • 「技術と倫理」などでは、機械と人間との共生の中で、これからのエンジニアが持つべき倫理観を学びます。
  • 「熱力学の基礎」「流れ学の基礎」「材料力学の基礎」「機械力学の基礎」では、力学の基礎をしっかりと身につけます。
  • 「流れ学の基礎」「流れ学演習実験」「流体力学」など、主要科目については、講義と演習実験が有機的に結びつく三位一体教育を展開し、専門能力と工学問題への対処方法の確実な習得を図ります。
  • 「機械製図」「機械製図基礎演習」「機械製図演習」「設計製図の基礎」「設計製図」「応用機械製図」では、ものづくりの基本となる『設計能力』を重視し、手書き図面から3D-CADに至る一貫した能力を身につけます。
  • 「ロボット工学」「自動車工学」などでは、実製品に対して機械工学を応用する力を身につけます。
  • 「卒業研究」では、自発的に考えて判断し、未知の課題を解決する力を身につけます。

コースの特色

  • 機械工学コース
     国際的に通用する機械技術者教育を目指したコースです.国際的な技術者共通資格JABEE取得に向けたカリキュラムでは、自然科学や情報技術などの工学的基礎知識を身に付けた上で,最先端の機械工学に必要な専門知識を習得します。  機械工学の基礎となる基幹6分野に加え、幅広い領域(「設計工学」「加工学」などの応用実学)について演習・実験・実習を通して学びます。特に設計能力を重視し、手書きから3D-CADによる製図まで一貫した技術と機械工学を駆使した設計能力を身につけます。

  • 知能機械システムコース
     機械の新しい最先端分野に挑戦できるメカトロニクス技術者、システム制御技術者育成を目指したコースです。機械工学の基礎知識を身に付けた上で、ロボット・メカトロニクスを中心としたシステム制御技術を習得します。
     機械工学の基礎となる基幹6分野に加え、情報・エレクトロニクスに関連した幅広い領域(「システム制御工学」「メカトロニクス」「ロボット工学」などの応用実学)について学び、機械工学とシステム制御工学を融合したロボットやメカトロニクス機器の設計能力を身につけます。

ディプロマポリシー(卒業認定・学位授与に関する方針)
機械工学科は、機械工学の基幹6分野の教育を重視し、機械技術者として素養を高める教育を実施しています。その上で様々な応用実学を学び、社会貢献できる機械技術者を世の中へ送り出すことを本学科の社会における役割(=ミッション)としています。機械工学科の教育目標は、
 (1) 機械と社会との『共生』『適合』『調和』を常に考え、
 (2) 社会的ニーズに応えて問題発見・解決能力を発揮でき、
 (3) 問題解決のためのコミュニケーション能力を有する
社会貢献できる機械技術者の育成です。本学科は学生の皆さんに『ものづくりの中核をなす機械技術者』になってほしいと強く期待しています。

  1. 基本的人格の形成
      ○機械と人間の共生及び調和をめざせること。(目指すことができる)
       ・人々に信頼され、人々と協働で事業を進めることができること。
       ・倫理観があり、自立した技術者として必要な資質を身につけ、
        社会の変化に対応し、新たなものを構築できること。
  2. 社会的責任の自覚
      ○環境と社会に関心を払い、問題解決に寄与できること。(寄与できる)
       ・使用者の安全から地球環境まで常に関心を払い、
        社会的責任を満足した提案が行えること。
       ・多種多様な社会のニーズを探索・理解し、習得した専門力を駆使して、
        計画的に課題・問題を解決できること。
  3. 知識・技術の修得と活用
      ○専門知識を通じて社会に貢献できること。(貢献できる)
       ・ものづくりの原点である機械工学の理論から応用まで幅広い専門知識を持ち、
        それらを自主的、継続的に学習できること。
       ・ものづくりの基本となる設計能力を養い、手書き図面から3D-CAD図面に至る
        一貫した能力を持し、それらを自主的、継続的に学習できること。
Copyright (C) 2014- 近畿大学理工学部機械工学科 All Rights Reserved.